YouTubeチャンネル

関連ページ

会長あいさつ

「結(ゆい)」
信州PTAモデルの実現に向けて「学びと連携」を深め「進化」しよう!
~すべては愛する子どもたちの“笑顔”のために~

 長野県PTA連合会は、進化するPTA組織を目指し、「チーム信州PTA70周年ビジョン」を掲げ新たなる一歩を踏み出しました。時代の流れに沿ったこれまでの歴史を大切にしながら、「大人の学びの機会の提供」と「関係諸団体との更なる連携」を図ることで信州PTAモデルの実現を目指します。
 教育においては、少子化問題と共にグローバル化といった社会的変化に即した対応とGIGAスクール構想におけるICT教育や新学習指導要領などの新たな教育改革と現状を把握して、信州全体がチームとなって子どもを育もうとする風土作りが必要です。また、一つひとつの学校・単位PTAが輝くことで、信州全体の教育力の向上に繋がると考えます。そのために関係諸団体と連携を深め、郡市PTAを全力で支援し、本年度は、児童会・生徒会にも注目していただき、未来を担う子どもたちの内に秘められた力を感じ取り、子どもたちに「生きる力」を与えることのできる真のPTA活動を生み出していただきたいと考えています。
 さて、昨年度に続き学校やPTAや地域で年中行事などが十分にできない状況で新型コロナウイルス感染症と付き合いながらの一年になるかと思います。最優先されることは人々の生命、人権を守り、教育の格差を防止することは変わらず、PTA活動においては情勢を冷静にとらえて決して無理をせず、感染防止などに配慮しながら活動を行うことを第一にしたいと思います。しかし、このような状況のなかでこそ、PTAの原点に帰り、「保護者」と「教職員」がスクラムを組み、家庭・学校・地域・行政・企業が英知を結集し、工夫しながら新たな視点で活動を生み出し「進化」させていくことが必要であると考えます。そして、何よりも次世代を担う子どもたちが、コロナ禍やICT教育の導入などの大きな教育の変革の中でも自分の夢を失うことなく、友だちと共に主体的に生き生きと学んでほしいと思います。
 そのために、県PTAとして子どもたちが学ぶ意味を確かにして、将来への夢を具体的にもてるように、キャリア形成への支援をして参りたいと思います。また、近年世界全体で注目されている「SDGs」(持続可能な開発目標)を子どもたちと共に学び合い、「誰一人取り残さない社会」「質の高い教育」の実現に向けて、私たち長野県PTA連合会としても取り組んでいきたいと考えます。またPTAが「関わりやすい組織」であり「関わりがいのある活動」ができる持続可能な組織として「進化」を成し遂げれるように地域の諸課題等含め組織のあり方を研究して参りたいと思います。
 そして、何よりも家庭では親と子どもが向かい合い、絆を確かめながら社会全体で共に生き抜く力を培っていただくことを願っています。
 「陽はまた昇る。」
 コロナ禍におけるこの難局を「結」の精神で、PTA会員が手を携え、笑顔で協働していきたいと思います。そして、世界に誇る豊かな自然と歴史ある多彩な文化に溢れたふるさと信州を、未来を託す子どもたちにしっかりと引き継いでいきたいと思います。

令和4年度 長野県PTA連合会
会長 熊谷弘
MENU
PAGE TOP